外科療法

 

外科療法とは、がんのある部位を手術によって切開し、取り除いてしまう治療法です。医師が直接目で見てがんを取り除くため、確実に効果が見込めます。がんの治療法選択の判断基準は、がんの部位、患者の状態などによってさまざまですが、特に初期の場合、一般的には外科療法が第一に検討されます。

 

しかし、外科療法には、体に大きな負担を与えるというデメリットがあります。手術を行う際には、体を切り開き、傷つけることが避けられません。また、はっきりがんと確認できる部分だけでなく、その周囲の、一見するとがんに侵されていないように見える部分も取り除く必要があります。そうした部分にも浸潤が起きていて、再発につながる恐れがあるからです。さらに、手術の際に血液が体内に飛び散ることから、がんが別の部位にも広がり、転移につながるリスクも指摘されています。

 

ただし、すでに述べたように、がんを取り除く確実な効果が見込めることは大きなメリットであり、外科療法はがんの有力な治療法といえます。また、内視鏡や腹腔鏡を使うなどしてできるだけ傷口を小さくする技術も開発され、転移していない小さながんの場合に切除する範囲を狭める「縮小手術」、舌やのど、乳房など、切除によって体の機能や生活の質が著しく低下する部位の場合にできるだけ機能や外観を損なわない「機能温存手術」などの取り組みも進められています。

 

三大治療A 抗がん剤で全身のがんを攻撃する「化学療法」

 

化学療法は、薬、いわゆる抗がん剤によってがんにダメージを与える治療法です。

 

現在、抗がん剤のなかでももっとも一般的なのは、「細胞毒」によってがんを攻撃するタイプのものです。がんのように分裂している細胞に取り込まれると、その細胞の仕組みを破壊するようにはたらくのです。

 

化学療法の大きなメリットは、全身への効果が見込めることです。がんは、発症した部位だけでなく、体のあちこちに転移する恐れがあります。すでに転移してしまった場合は、外科療法や放射線治療のように、特定の部位のがんを狙い撃ちする治療法では、対応しきれません。また、たとえ転移が確認されていなくても、今後の転移による再発を予防するには全身をケアする必要があります。これもやはり、外科療法や放射線治療では対応しきれません。そのため、外科療法や放射線治療という手段を選択したとしても、多くの場合、再発を防ぐために抗がん剤治療を併用して治療にあたることになります。

 

ただし、化学療法には大きなデメリットがあります。それは、抗がん剤が、脱毛や吐き気などの激しい副作用をもたらすことです。

 

正常な細胞のなかにも、がん細胞と同じように分裂をしているものがたくさんあります。分裂して数が増えると同時に、古くなった細胞が死んでいくようにコントロールする仕組みがはたらいているので、がん細胞のように増殖することはありませんが、分裂していることはがんと変わりはありません。抗がん剤は、分裂している正常な細胞もがんと同じように攻撃をし、副作用の要因となってしまうのです。

 

こうした課題を克服するため、がんのみを攻撃する「分子標的薬」など、細胞毒とは異なるタイプの抗がん剤の開発が進められています。がん細胞のみに特異的に表れる分子にはたらきかけ、増殖を抑えるなどするものです。こうした新しいタイプの抗がん剤は、近年、急速に進み、実用化され、副作用への影響だけでなく治療効果という点でも、従来の抗がん剤よりも優れた結果を残しているものが少なくありません。

 

三大治療B 切らずにがんを殺す「放射線治療」

 

放射線治療とは、エックス線などの放射線を照射することで、「切らずにがんを殺す」治療法です。放射線をがんに照射することで、がんに分子レベルでダメージを与え、死滅させてしまうのです。

 

放射線治療では、手術のように体を切り開いたり、正常な組織までも取り除いたりすることなく治療できます。このため、外科療法にくらべて体への負担が少ないというメリットがあります。ただし、放射線を体に当てるとき、がんだけでなく正常な細胞にも放射線が通ってダメージを与えるため、皮膚の炎症やただれ、部位によっては吐き気などの副作用を伴う恐れがあります。

 

こうした副作用を軽減するため、放射線治療では、一回に照射する放射線の量を減らして回数を増やし、各回に照射する角度を変えて、周囲の正常な細胞へのリスクを分散する方法などが取り入れられています。また、体の外から放射線を照射するのではなく、放射線を発生する物質をがんのある部位に注射し、体の中で照射させることで周囲の細胞への影響を少なくする「内部照射」などの手法も開発されています。

 

また、放射線の種類を変えることで治療の効果を上げ、体への負担を軽減する試みも進んでいます。その一つが、エックス線ではなく重粒子線と呼ばれる放射線を照射する「重粒子線治療」です。重粒子線は、体内を通過する間にスピードが遅くなり、止まる寸前で大きなエネルギーを放出します。この性質を利用して、がんのある部位でエネルギーが放出されるように調整して重粒子線を照射するのです。