この記事は……。

  • 性感染症を予防したい
  • HPVのワクチンを打ちたい
  • パートナーを守って幸せな時間を作りたい

こんなことを考えている人にオススメの記事です。

 

 

HPVはほとんど人がかかるもの

ヒト乳頭腫ウィルスともよぶウィルスは
女性であれば80%以上、男性は90%以上が生涯で一度は何らかのHPVに感染すると言われています。
良性のものに変化すればまだいいのですが、
中には悪性になりがんを引き起こすものものもあります。
また、ハイリスクなHPVは約5割の女性が感染するという報告もあります。

 

HPVは男女感染します。
とくに女性はHPVによる子宮頸がんの感染がほとんどです。
男性では中咽頭がん、陰茎がん、肛門がんなどの性交に関わる部位でのがん化に関連しています。(60?90%程度の割合がHPV感染によるものとされています)
そのためHPVに感染している男性から、
性交によって女性へと感染させてしまった場合は、
これらのがんを引き起こさせてしまう可能性が非常に高まります。

 

【ぺいるーと】でHPVワクチン接種のメリット

男性がHPVワクチンを接種するメリットは、
性交時のパートナーからのHPV感染を防ぎ、
未然に『がん』を回避することにあります。
ですが「【ぺいるーと】」でワクチン接種をするならほとんど費用はかかりません。

 

HPVワクチンは高い!?でも【ぺいるーと】なら診察費や交通費も問題ない

まだ日本では承認されていないので、
自費でHPVワクチンを接種すると数万円以上?の高額な費用がかかります。

 

ですが「【ぺいるーと】」の治験に参加すれば、
費用は交通費や初診料・再診料のみ!
また治験参加者は「負担軽減費」として支払われるお金を受け取ることができます♪
ほとんどお金を払わずにワクチンをうってもらえるんです。

 

【ぺいるーと】の信頼性

【【ぺいるーと】】は業界トップクラスのモニター数を誇っており、
東京では治験実施数は全国No.1の実績があります。

 

【ぺいるーと】の治験はどこで受けられる?

HPVワクチンのワクチン接種は
茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京都/神奈川/大阪府/京都府/兵庫/奈良
などなど全国から受けられます!
↓のリンクより公式サイトにアクセスできます。

 

【ぺいるーと】で不安や不幸を未然に防ぐ

がんは一度かかると重症化しやすい病気です。
また金銭的・精神的にも多大な負担がかかります。
ですが【ぺいるーと】の治験に参加すれば、
そんな不安を未然に防ぐことができます。
パートナーと幸せな時間を送りたいなら
何よりも優先して治験に向かうことを強くオススメします。

 

 


 

インフォームドコンセント

医師も人間です。特別扱いするつもりはありませんが、自分に対して攻撃的な態度をとる患者さんや不信感を示す患者さんよりも、信頼を寄せる患者さんのほうが、一緒にがんばっていこうと思うものです。

 

 よく「医者には変わり者が多い」と言われるように、なかにはぶっきらぼうでコミュニケーションがとりにくい医師がいるのも確かです。

 

 しかし、主治医との信頼関係を築くための第一歩は、患者さん自身が主治医のいいところを見つけ、まずは人間として好きになる努力をすることです。

 

 あなたが好きになれば、きっと主治医もあなたのことを好きになります。

 

ガンが治る人

 

 医師の言葉の真意を理解し、必要以上に怖がらない

 

ガンが治らない人

 

 医師の言葉に衝撃を受け、ネガティブにとらえる

 

 みなさんは、「インフォームドコンセント(informed consent)」という言葉をご存じでしょうか?

 

 これは「十分な説明を受けたうえでの同意」という意味です。具体的には、「検査や治療について、医師が患者さんに理解できるように十分に説明し、納得してもらったうえで受ける(あるいは、受けない)ことに同意してもらう」ことです。

 

 1990年代にアメリカから日本に導入され、望まないことがおこる可能性のあるすべての医療行為について、今では、医師は患者さんからインフォームドコンセントを得ることを徹底しています。

 

 インフォームドコンセントでは、治療のメリットだけではなく、デメリットについても説明します。

 

 たとえば、わたしの専門分野のガンの手術に関しては、診断(ガンの部位とステージ)、予定される手術の方法、手術にともなうリスク(死亡率、合併症、後遺症について)、手術以外の治療法、あるいは何もしなかった場合にどうなるか、などについて説明します。

 

 そのうえで、患者さんは書面にて「十分な説明を受け理解したうえで、同意します(拒否します)」という明確な意思表示と署名捺印を求められます。患者さんが手術を受けることを同意した場合には、署名捺印してもらいます。

 

 もちろん、ハンコを押したからといって、特別な法的効力が発生するわけではありません。しかし、このインフォームドコンセントが成立した場合、患者さんは自分が選んだ方針とその結果に対して責任をもつことになります。

 

 インフォームドコンセントには、患者さんが十分に納得したうえで治療を選べることや、患者さんが「自分自身で決めた治療だから」と責任をもって前向きに受けられる、という利点があります。

 

医師の「きびしい言葉」の裏にある事情

 

 一方で、インフォームドコンセントは、医師と患者さんとの信頼関係を損なう可能性もあるように感じます。

 

 インフォームドコンセントは、医療への不信感が高まり、医療訴訟が増えたことで普及した背景があります。本来は患者さんに寄り添ったものですが、医師がトラブルや訴訟から身を守るために利用する道具としても使われているのです。

 

 ですから、ときに医師の意に反して、医師の説明が患者さんに冷たく感じられたり、治療のメリットよりもデメリットのほうが強調されて伝わったりするのです。

 

 たとえば、非常に安全性が高く、確立された手術をするときでも、医師は患者さんに、「麻酔薬の副作用で、手術中にごくまれに死亡したり、手術後に脳梗塞、心筋梗塞、肺血栓塞栓症(エコノミー症候群)、肺炎などが原因で死亡したりする可能性がある」といったお話をします。

 

 医師が心のなかで「この患者さんでは、こんなことはまずおこらないだろう」と思っていても、インフォームドコンセントを行ううえでは、「治療の結果、*%の確率で死ぬことがあります」と説明せざるを得ないこともあるのです。

 

 これは、もし万が一のことがおこったとき、後から「聞いてなかった」ということをなくすためなのです。

 

 患者さんは、医師側にはこのような事情があり、あえて「きびしい説明」を行っているということを知っておいてほしいと思います。

 

 もちろん、死亡リスクや合併症、副作用などについて理解しておくことは大切です。しかし、すべての可能性を重く受け止めると、安心して治療が受けられなくなりますし、怖くてとても治療を受ける気にはならないと感じるときさえあります。

 

「医療にはリスクがともなう」という大前提は理解したうえで、最悪の事態については「そんなこともあるのか」程度にとどめておき、あまり深刻に考えないようにしましょう。

 

ガンが治る人

 

 納得できないことには、冷静に「NO」が言える

 

ガンが治らない人

 

 特定の意見を信じ込み、考えることをやめる

 

 ガン告知のショックがさめやらぬ間に、難しい選択をせまられる患者さんは、しばしばコミュニケーション不足から思考停止におちいってしまい、治療法の選択という重大な決定をまわりの人に「丸投げ」してしまうことがあります。

 

 もちろん、それでうまくいけばいいのですが、思いどおりの結果にならなかった場合、患者さん自身が後悔することになります。

 

 


 

がんが大きくなったり小さくなったりするたびに一喜一憂するのは、大きな時の流れの中であがいているだけであり、大局を見失っているように感じます。われわれにとって大切なことは、苦痛なく楽しく生きて、そして本来の寿命に近づくことです。そのためにがん治療をしているということを忘れてはいけません。

 

がんはさまざまな点で普通の病気と違うところがあります。

 

たとえば身体にウイルスやばい菌が入ったら

 

身体はそれを追い出します。

 

その機能が免疫です。

 

しかし免疫はがん細胞に十分な力を発揮できません。

 

そこに、がんが特殊な病気である理由があります。

 

がん治療について知るために、まずは免疫について学びましょう。

 

免疫ががん治療≠左右する

 

 この章では免疫の仕組みについて述べたいと思います。がん治療を行うなら、どんな人でも免疫の仕組みは必ず知っておくべきです。なぜなら、がんの治療効果や死に至るまでの時間は免疫の力に左右されることが大きいからです。

 

 免疫という言葉は知っていても、いざ「免疫とは何か、説明してください」と言われるとよくわからないという人が少なくありません。

 

「あの人は真面目だから悪い遊びに免疫がない」というように「免疫」は日常生活でも使いますが、もともとは病気に対しての言葉です。「ちょっと有害なものに対する抵抗力」という意味を「免疫」という言葉で比喩的に表現しているわけです。

 

 私たちが日頃、免疫の働きを認識できることはよくあります。たとえば、小さいころ風疹にかかったことがあると、その後、再び風疹が流行しても、もう二度とかかりません。これは免疫の働きのおかげです。あるいは毎年冬になると、インフルエンザの予防接種を勧められます。この予防接種も免疫の働きを利用したものです。

 

 このように免疫はとても身近なものですが、「免疫は風邪のような軽い病気には効いても、がんのような重い病気には効かない」と思っている人も多く見受けられます。あるいは「免疫は病気の予防に関わるものであって、すでにがんになってしまったのだから関係ない」と思う人もいるかもしれません。

 

 しかし免疫は相手が風邪のウイルスであっても、がんであっても同じように働きますし、がんになる前も、なった後も常に働いて身体を守ろうとしています。

 

 ですから身体を守る免疫を高めることは、がんになった後も非常に重要で、病院で行われるがんの治療効果にも大きく影響します。ぜひ皆さんに免疫についての知識を深めてもらい、今後の治療に役立てていただきたいと思います。

 

 免疫の仕組みがわかりにくい一番の理由は、免疫の細胞の種類の多さや、細胞の名前の聞き慣れなさのせいではないでしょうか。細胞の名前を使って説明しようとすると、こんがらがってしまうので、この本ではできるだけ専門用語を使わず、たとえ話で免疫の働きを説明してみようと思います。

 

2|異物を追い払う専門部隊

 

 免疫の仕組みはとても単純です。一言でいえば、自分(自己)と自分以外(非自己)を区別して、自分ではないものを排除するというだけです。

 

 たとえ話で説明してみましょう。ちょっと皆さんも想像をめぐらせてみてください。

 

 大自然の中に100頭くらいの猿の群れがあったとします。その群れはボス猿を筆頭に、その配下のオス猿やお母さん猿や子猿がいて、一つの社会を形成しています。

 

 あるとき群れの近くに、猿の天敵とも言えるヒョウが一頭近づいて来ました。ヒョウが猿を襲おうとしたとき、率先してヒョウに立ち向かうのは、どの猿でしょうか?

 

 お母さん猿や子猿ではなく、まずはボス猿が立ち向かいます。仲間が襲われそうになったら敵を追い払うのはボス猿の本能ですから、ボス猿がヒョウに立ち向かうのは、この猿の群れにとっては当たり前の行動です。

 

 次に私たちの社会を考えてみましょう。

 

 物騒なたとえですが、もしわれわれの国が海外から攻撃を受けたら、私たち一般国民が率先して戦うことはありません。私たちの社会にはそういった不測の事態に備え、いかなるときでも社会の治安を維持しようとする警察や自衛隊がいて、いざというときはその仕事をするからです。

 

 実はこれとまったく同じことが私たちの身体の中でも起こっています。ウイルスや細菌、がん細胞といった有害な異物が体内に侵入したり生まれ出たりすると、それを追い払うために働く専門の役割を持った細胞が活躍し始めます。それが免疫細胞です。

 

 私たちの身体を構成する細胞の一個一個は、それぞれの形や役割を持つ細胞ですが、もとをたどれば、すべて同じ一つの受精卵からできています。私たちの身体は、さまざまな臓器や器官の集合体に見えますが、実は仲間だけで構成されている結束の固い一つの社会のようなものなのです。

 

 だからこそ、ヒョウに立ち向かうボス猿のように、われわれの免疫細胞には社会を壊すような侵略や攻撃を防ぎ、守ろうとする役割が備わっているのです。

 

 身体という社会を侵略者から守る治安維持活動、これこそまさに免疫の働きです。

更新履歴